大失敗!大激怒!発毛剤リアップX5で髪は発毛しなかった・・・

一般的な育毛剤は「医薬部外品」に分類されるのに対して、
リアップX5は「医薬品」として分類されています。

 

そして厚生省から「発毛剤」としても認定されています。

 

医薬品でありかつ、厚生省から発毛剤としてお墨付きを得ている点から
薄毛や抜け毛に悩む人に広く知られているリアップですが、

 

リアップに過剰な期待は禁物です!

 

医薬品だからといってリアップX5に期待しすぎてはいけません。
発毛剤だからといって髪の復活に過剰な期待しすぎてはいけないのです。

 

特に陥りがちなのが、「発毛剤」という言葉に対する解釈です。

 

もし、あなたがリアップを使用して本当に髪が増えると考えているのであれば、
それは大きな誤りです。

 

誤解している人も多いので言っておきますが、
リアップX5を使って髪の本数が増えることはありえません!
リアップを使用して髪の毛の本数が増えるということはないのです。
「発毛剤」だからといってここは絶対に誤解しないで下さい。

 

・・・

 

髪の毛というのは毛根の細胞が細胞分裂を繰り返して伸びていくもの。
具体的に言えば毛母細胞という細胞が細胞分裂を繰り返して上に伸びていくのです。

 

 

この毛母細胞が元気な状態であればハゲや薄毛といった症状は発生しません。
毛母細胞が男性ホルモンや生活習慣、食生活の影響で弱ってしまうことで、
薄毛や抜け毛といった症状が起きてしまうのです。

 

薄毛や抜け毛といっても、突き詰めて考えればその原因は、
毛母細胞の弱体化なのです。

 

毛母細胞が弱ってしまうことで、薄毛や抜け毛といった症状が現れるのです。

毛母細胞の弱体化に伴い、毛周期と呼ばれる髪の成長サイクルに狂いが生じ、
髪がどんどん細く、弱々しくなっていきます。
成長期途中にも関わらず髪が抜け落ちてしまいます。

 

そして年月が経過すれば、毛母細胞の弱体化は進み、
いずれ毛母細胞が死滅してしまうのです。

 

毛母細胞の死滅 = 毛根そのもののがなくなってしまった状態

 

毛根そのものが完全になくなってしまった人というのは、
見た目に明らかです。

 

地肌が完全に透けてしまい、頭皮はツルツルの状態になっています。

頭皮の表面に黒いポツポツがあるうちはまだ毛根が生きている状態です。
毛母細胞がまだ生きている状態です。

 

ですが、

 

黒いポツポツさえなくなり、完全に地肌が透けあがって
頭皮がツルツル状態になっている人というのは毛根が死滅した状態なのです。

 

お分かりですか?

 

・・・

 

毛根が完全に死滅した状態になってしまえば、何をやってもムダです。

 

どんな育毛剤だろうと、発毛剤だろうと、内服薬だろうと、
死んだ毛根を生き返らせることはできないのです。

 

自毛植毛でもしない限り、どんな薬を使っても
完全に死滅した毛根細胞を復活させることはできないのです。

 

ここをしっかり理解せずにリアップX5に
過剰な期待を寄せる人がいます。

 

毛根が完全に死んでいるにも関わらずリアップを使用すれば
”髪が増える”と思い込んでいる人がいるのです。

 

リアップに死んだ毛根細胞をよみがえらせる効果はありません。
死滅してしまった毛母細胞を甦らせる効果はないのです。

 

「発毛剤」として認定されているリアップですが、
発毛剤としての意味はあくまでも弱った毛母細胞を活性化すること。

 

死んだ毛根の細胞を再び甦らせることではないのです。

 

分りますか?

 

そして、髪の本数というのは言い換えれば毛根の数。
もっと言えば、髪の本数=生きている毛根の数なのです!

 

何度も言いますが、リアップX5に髪の本数を増やす効果はありません。
毛根の本数そのものを増やす効果はないのです。

 

「髪が増える」というのは、髪の毛周期が正常化して
抜け毛の本数が減ること。

 

そして、

 

「髪が増える」というのは、細く弱々しい髪に元気が戻り、
太くコシのある髪が
育つことで見た目に髪が増えたように見える
ということなのです。

 

決して死滅した毛根が復活したり、毛根が新しく増えるということではありません。
ここをよく理解していないと後で失敗することになりますよ。