リアップX5プラスローションとリアップX5の違い・・・

リアップX5は、2015年10月に
正式名称「リアップX5プラスローション」へとリニューアルされました。

 

 

リニューアルに伴って知っておきたいのがリアップX5との違いですよね。

 

リアップX5の最大の特徴はミノキシジルが5%配合されているという点。
リアップシリーズには、リアップX5以外にも以下の育毛剤がありますが、
ミノキシジルの濃度は以下の通りです。

 

・リアップ・・・ミノキシジル1%
・リアッププラス・・・ミノキシジル1%
・リアップX5・・・ミノキシジル5%
・リアップリジェンヌ・・・ミノキシジル1%
・リアップジェット・・・ミノキシジル1%

 

リアップX5が他のリアップと異なるのは、ミノキシジルが5%配合されている点ですが、
リニューアルされたリアップX5プラスローションもミノキシジルの濃度は以前と同じ5%です。

 

リニューアルに伴って変化したのは、新に以下の成分が加わったことです。

 

ピリドキシン塩酸塩・・・皮脂の過剰分泌を抑える
トコフェロール酢酸エステル・・・皮脂の酸化を防ぐ
l-メントール・・・爽快感&炎症を抑える

 

新に加わった3つの成分は、皮脂の分泌、酸化を抑え、
頭皮の炎症を抑える効果がある成分です。

 

新な3成分は頭皮環境を正常に保つためのものと考えてください。

 

頭皮環境というのは、植物に例えるのであれば土壌です。
土壌が荒れていては元気な植物が生えないのと同様に、
毛髪においても健康な頭皮は絶対に必要です。

 

リアップX5の時代には、今のモデルほど頭皮環境を正常に保つための
成分は含まれていませんでしたから、皮脂の分泌が過剰な人は
育毛トニック、育毛ローションなどを併用する必要がありました。
ですが、リアップX5プラスローションにリニューアルされてからは、
人によっては、それらを併用する必要がなくなったということです。

 

リアップX5プラスローションに頭皮環境を正常に保つ成分が
加わりましたからね。

 

頭皮の炎症、皮脂の過剰分泌で悩んでいた人にとっては、
リアップX5のリニューアルは嬉しい知らせとなったことでしょう。

 

ですが、

 

そもそも頭皮環境が正常で炎症もなく、皮脂の過剰分泌もなかった人にとっては、
リアップX5プラスローションへのリニューアルは特に意味のない事になります。

 

そもそも頭皮環境が正常で異常がないわけですからね。